かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 【2021】8月前半 神奈川の祭り<ぼんぼり祭など>

気になる 【2021】8月前半 神奈川の祭り<ぼんぼり祭など>

  • 2021年7月30日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

ぼんぼり祭=鶴岡八幡宮、2019年8月撮影
ぼんぼり祭=鶴岡八幡宮、2019年8月撮影

1~3日
■川崎山王祭(稲毛神社例大祭)(川崎)
 稲毛神社。1日午後6時から宵宮祭。2日午前10時から例祭、午後2時から古式宮座式(県選択無形民俗文化財)。3日の神幸祭は略儀で行う。町会みこし連合渡御や奉納太鼓、神楽殿で行う神賑行事や露店などは行わない。かながわのまつり50選。京急線京急川崎駅徒歩7分。☎044(222)4554。
 
2日
■2021年関帝誕(横浜)
 横浜関帝廟(びょう)。旧暦6月24日に生まれた主神、関羽の生誕を祝う祭り。午前11時から拝神儀式。みなとみらい線元町・中華街駅徒歩6分。☎045(226)2636。
 
6~8日
■本牧神社「お馬流し」(横浜)
 1566年から受け継がれる神事。代々羽鳥家の当主が奉製する馬首亀体の「お馬さま」6体に、あらゆる厄災を託して本牧の沖合に流す。神事は関係者のみで行い、横浜市のコミュニティーFM局「横浜マリンFM」(86.1㍋㌹)や、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」の本牧神社公式チャンネルで中継・配信する。露店や盆踊りなどの行事は行わない。県指定無形民俗文化財。JR根岸駅からバスで三の谷下車3分。☎045(621)7611。
 
6~9日
■鶴岡八幡宮「ぼんぼり祭」(鎌倉)
 立秋の前日から行われる鎌倉の夏の風物詩。鎌倉近隣にゆかりのある画家や文人などから奉納された書画約400点を、ぼんぼりに仕立て参道に並べる。午前9時半(6日は昼ごろ)~午後8時半。夕刻には明かりをともす。鎌倉駅徒歩10分。☎0467(22)0315。

【関連記事】2021年8月後半 神奈川の祭り<大文字焼など>

10日
■四万六千日詣(しまんろくせんにちまいり)(鎌倉)
 長谷寺、安養院。「四万六千日」とは、観音様の功徳が得られる日。この日にお参りすると、4万6千日間お参りしたのと同じ御利益を授かるといわれる縁日。拝観時間など詳細は、事前に各寺へ確認する。長谷寺☎0467(22)6300、安養院☎0467(22)0806。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 秋の北海道物産と観光展、そごう横浜店 弁当やラーメン、話題のスイーツ、パン…

    そごう横浜店(横浜市西区)

  2. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  3. 学生がデザインしたスカーフと雨傘、横浜高島屋

    横浜高島屋(横浜市西区)

  4. 昔ながらの手作り焼きプリン 1984年創業マーロウのプリン おいしさと人気の秘密を大公開

    マーロウ(横須賀市)

  5. 見て楽しい食べておいしい動物お菓子 横浜・Tsubomiのアニマルカップアイス 動物の顔をモチーフにしたカップアイス

    ツボミ(横浜市神奈川区)

人気タグ