かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 「澤地農園」(海老名市)のメロン 甘味強く、とろける食感の高級種

とれたて メロン
「澤地農園」(海老名市)のメロン 甘味強く、とろける食感の高級種

  • 「澤地農園」(海老名市)
  • 2021年7月8日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

長男の正さん(右)と、三男の洋行さん
長男の正さん(右)と、三男の洋行さん

 美しい網目模様が浮かぶマスクメロンが収穫時期を迎えているのは、家族で果実や米を栽培する海老名市中河地の「澤地農園」。県の品評会で審査員満場一致の最高位を受賞するなどしたイチゴが有名な同園だが、年間で700玉ほど生産するマスクメロンも知る人ぞ知る逸品だ。



 手掛ける品種は甘味が強く、とろける食感の高級種・アールスナイト。収穫中のものも糖度計で15度あり、今年も高い数値を誇る見事な出来だ。

【関連記事】湘南マンゴー 繊維少なく滑らか、甘味強くこくあると評判

 果実の中でも育てるのが難しいとされるメロン。3月中旬に種まきし、7月初旬に収穫を行うのだが、長男の澤地正さん(36)は「水の管理には最も気を使いますね」と話す。約500平方メートルの温室での水やりは、気象や気温によって微妙な加減が必要になる。受粉にはハチを放ち、減農薬での栽培に努めるため、捕食性の小型昆虫を使った「天敵」による病害虫防除を採用。「やっぱり最後は人間が見極めて、丁寧に世話してあげないといけない」と正さん。5月頃に咲いた直径4センチほどの黄色い小さな花が徐々に膨らんでいくのを目にすると、実りの時季を思って胸をなで下ろすそう。



 日差しが強くなる季節での収穫は、高さ2メートルにも成長したメロンの茎にある無数のとげからけがを防ぐために長袖の着用が強いられる。日照が弱い時間帯に枝から落とし、重さごとに分別。傷が付かないように優しくブラシをかけて、そっとコンテナに収めるデリケートな工程だ。



 正さんと、共に作業にいそしむ三男の洋行さん(28)は二人とも県立中央農業高校出身。洋行さんは同校で講師として後輩への指導にも当たる。兄弟共に父の「常に良い品質のものをつくり、届ける」という理念に賛同して農業の道を志し、その背中を追い続けている。「父や兄に比べたらまだまだですが“高品質なものをつくる”というのは、どの仕事でも基本です」と洋行さん。「日々、学びながら挑戦していけたら」と熱意を語る。



お薦め品

◇メロン1玉1800円(箱代は別途)
※要電話予約

Queue de Lapin(クゥ・デ・ラパン)



 毎年人気の期間限定「海老名産マスクメロン」シリーズは10日から販売。澤地農園のメロンを惜しみなく使ったデコレーションケーキ、ショートケーキ、クレープなどのぜいたくな商品が並ぶ。(販売は25日までの予定、予約可能)

 海老名市扇町6の7。海老名駅徒歩5分。午前11時~午後1時半、同2時半~午後7時(土日・祝日は午前11時~午後6時半)。月・水曜は休み。☎046(205)4020。

ここで買える


澤地農園

住所 海老名市中河地1196
アクセス 海老名駅からバスで上河内下車6分。☎。
電話 046(238)1302

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 秋の北海道物産と観光展、そごう横浜店 弁当やラーメン、話題のスイーツ、パン…

    そごう横浜店(横浜市西区)

  2. おかげさまでイマカナ4周年 【神奈川のご当地パン6選】知る人ぞ知るおいしい逸品

  3. 学生がデザインしたスカーフと雨傘、横浜高島屋

    横浜高島屋(横浜市西区)

  4. 昔ながらの手作り焼きプリン 1984年創業マーロウのプリン おいしさと人気の秘密を大公開

    マーロウ(横須賀市)

  5. 見て楽しい食べておいしい動物お菓子 横浜・Tsubomiのアニマルカップアイス 動物の顔をモチーフにしたカップアイス

    ツボミ(横浜市神奈川区)

人気タグ