かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 箱根湿生花園、趣ある秋の山野草を紹介 ノコンギク、リンドウ・・・ 

気になる 箱根湿生花園、趣ある秋の山野草を紹介 ノコンギク、リンドウ・・・ 

  • 箱根湿生花園(箱根町)
  • 2020年10月22日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

秋の山野草展=箱根湿生花園
秋の山野草展=箱根湿生花園

 「一斉に花が咲く春とは違う趣がある」と秋の草花について語る箱根湿生花園の斎藤一平さん(25)に、野山で見られる花と、湿原ならではの花を紹介してもらった。

 薄紫色の花びらがかれんな「ノコンギク」はキク科の植物で、園芸品種であるコンギクの原種。日当たりの良い明るい場所を好み群生する。


ノコンギク
ノコンギク

 漢方薬の竜胆(りゅうたん)としても使用される「リンドウ」は、りんとしたたたずまいが美しいリンドウ科の植物。青い花は晴れていると開き、曇りや雨の時には渦巻き状にくるりと閉じてしまう。明るい場所を好む。


リンドウ
リンドウ

 日当たりの良い湿地に生育する「ウメバチソウ」は純白の花びらが愛らしい。花の形が、家紋の一つである「梅鉢」に似ていることから名付けられたとされる。


ウメバチソウ
ウメバチソウ

 さらに花期が遅い晩秋の花には「リュウノウギク」があり、登山道の淵や林縁などで見ることが可能だ。

 「秋の山林では、足元に目を向ければかわいい花、目線を上げれば紅葉や木の実を楽しめます」と斎藤さん。ピンク色の実が開くと赤い種子が現れ、葉も美しく色づく「マユミ」という木は、県内の山野で広く見られる。

 秋の野山をのんびり歩きながら、小さくて豊かな自然の一つ一つに注目してみてはいかが。

 同園では現在、「秋の山野草展」を開催中。11月8日まで。秋を彩る花や木の実、カエデの仲間など約70種400点を自然に近い形で展示。


箱根湿生花園

住所 箱根町仙石原817
アクセス 小田原駅からバスで仙石案内所前下車8分
電話 0460(84)7293
営業時間 午前9時~午後5時(最終入園は同4時半)。開園期間は3月20日~11月30日
定休日 期間中無休
公式HP https://hakone-shisseikaen.com/
備考欄 700円ほか

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【神奈川のカプセルトイ4選】レバーを回せば、大人もハート奪われる 【江の島ガラス HOOK】江の島郵便局の隣にあるガラス細工の店

  2. 八景島シーパラダイスと崎陽軒のコラボ、シーウマイ弁当 期間限定で

  3. スイカ 三浦・丸次農園のスイカ 平均糖度は13度、薄皮で皮の縁ぎりぎりまで甘い

    丸次農園(三浦市)

  4. 元町描いたオリジナルうちわを配布 若手アーティストの応援も

    協同組合元町SS会(横浜市中区)

  5. 横浜のオススメかき氷「2021年版」 横浜市観光公式サイトで紹介

人気タグ